1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 銀鳥産業/「かるた読み上げアプリ」を8月に提供開始。

2015年7月8日

銀鳥産業/「かるた読み上げアプリ」を8月に提供開始。

銀鳥産業は、同社の「知育かるたシリーズ」と連動し、アプリがかるたの読み手になる「かるた読み上げアプリ」を8月3日に提供開始する予定だ。同社によると、かるた商品と連動したアプリは、国内初だという。

アプリのスクリーンショット

「かるた読み上げアプリ」は、「知育かるたシリーズ」のせいかつ・犬棒・日本昔話・なぞなぞ・世界の童話という5種類の商品に対応。

「よみあげ」機能では、アプリがランダムにかるたの読み札を読み上げる。

また、「えふだをみる」機能では、かるたの絵札を1枚ずつ確認することができ、かるたが手元に無い場合でもアプリでひらがなを学ぶことができる。

なお、「よみあげ」機能の利用は全て無料。「えふだをみる」機能は「あ~こ」までが無料で、240円のアプリ内課金で、全ての絵札を見られるようになる。

関連URL

銀鳥産業

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス