1. トップ
  2. ツール・教材
  3. イーオン/「dキッズ」でオリジナルの教育コンテンツの提供開始

2015年9月9日

イーオン/「dキッズ」でオリジナルの教育コンテンツの提供開始

イーオンは、NTTドコモが運営している子育て家族向けの知育サービス「dキッズ」で、英語力を鍛えるためのイーオンオリジナルの教育コンテンツ「ホップ!ステップ!英会話
for dキッズ」の提供を10日から開始する。イーオンでアプリケーション向けの教材コンテンツの提供は、「dキッズ」が初めての試み。

0909「dキッズ」は、NTTドコモの「dマーケット」の新たなサービスとして、2013年11月から提供を開始した、スマートフォンやタブレットを使い、子どもの様々な能力を育む、子育て家族向けの知育サービス。現在の会員数は58万人、月額使用料は372円(税別)となっている。

今回イーオンが提供する「ホップ!ステップ!英会話 for dキッズ」は、イーオンのレッスンで実際に使用している教材をもとに開発された「dキッズ」オリジナルの教育コンテンツ。

4~9歳の子どもを対象とし、英語に初めて触れる子どもでも楽しみながら英語力や異文化理解を高めることができるトレーニングを多数提供している。

さらに、音声使用によるリスニング教材も収録しているほか、年齢により3つのレベルに分けて学習が可能なため、年齢に適した学習を継続していくことで、より総合的に英語力を向上させることができるという。

関連URL

イーオン

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス