1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. WRO Japan/国内決勝大会を開催 日本代表13チームをドーハに派遣

2015年9月24日

WRO Japan/国内決勝大会を開催 日本代表13チームをドーハに派遣

WRO Japanは20日、小・中・高校生の国際ロボット競技大会「WRO2015 Japan決勝大会」を東京・江東区のBumB東京スポーツ文化館で開催した。

wro-01

熱気に溢れる会場

「WRO」は、世界中の子供たちがロボットを製作し、プログラムによる自動制御技術を競うコンテスト。科学技術を身近に体験できる場、国際交流の場を提供している。

この日の国内決勝大会には、全国の予選を勝ち抜いた131チームが参加。各カテゴリーでの優勝と、国際大会への出場権を競った。

競技は、選手2~3名にチームで、ロボットの組み立て調整後に車検を経て、各カテゴリーに設定されたコース課題にチャレンジするもの。

車検場に並ぶロボット

車検場に並ぶロボット

限られた調整時間に、距離やルート、カラーなどをプログラムして競技に挑む。エキスパート競技では、競技結果だけでなく、開発コンセプトから制作~活動のプロセスなどを発表する、プレゼンテーションも採点の対象となっている。

その結果、レギュラーカテゴリーのエキスパート競技7チーム(中3,高4)、オープンカテゴリー5チーム(小1、中2、高2)、ユニバーシティカテゴリー1チームが、11月カタール・ドーハで行われる国際大会の日本代表に選ばれた。前回国際大会で6位、7位に入賞した小学生エキスパート競技は、代表チームなしという厳しい結果だった。

WRO2015国際大会 選抜チーム

wro-02

エキスパート競技の競技風景

wro-05

各カテゴリーの表彰トロフィーとメダル

レギュラーカテゴリー エキスパート競技
・高校生部門:Aria、KKT+α、Ninja、robotics X
・中学生部門:TSURUGI MKⅡ、奈教大附属中 Analyzer、三代目べらぼういず~Ver.EV3~
オープンカテゴリー
・小学生部門:チーム AEK
・中学生部門:追手門SPACE CHALLENGER、奈教大附属中 Astro Boys
・高校生部門:EXCELSIOR、Pod
ユニバーシティカテゴリー
・帝京ROBOLab

*選抜チーム名に一部誤りがありました。お詫びして、改訂致します。

関連URL

WRO Japan

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス