1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 富士ソフト/「全日本ロボット相撲 中国大会」を11月広島で開催

2015年9月30日

富士ソフト/「全日本ロボット相撲 中国大会」を11月広島で開催

富士ソフトは、「第27回全日本ロボット相撲 中国大会」を広島県立広島工業高等学校で、11月1日に開催する。

ロボット相撲は、参加者が自作したロボットを力士に見立て、技術とアイデアで相手を土俵から押し出す競技。

「全日本ロボット相撲大会」は、ロボット作りを通して『ものづくり』の楽しさを知ってもらう場を提供することを目的に1990年から開催、今回で27回目を迎える国内最大規模のロボット競技大会。

全国9ヵ所で行われる地区大会に参戦する約1200台の中から勝ち進んだ128台が全国大会に進出し、全日本の部の優勝者には文部科学大臣杯と文部科学大臣賞、高校生の部の優勝者には文部科学大臣賞が授与される予定。

中国大会の「高校生の部」では、開催校の広島県立広島工業高等学校のほか、島根県立出雲工業高等学校や山口県立田布施農工高等学校、山口県立宇部工業高等学校など各県の強豪が全国大会進出枠を賭けて熱戦を繰り広げるという。

中国大会の開催概要

開催日時:2015年11月1日(日)11:00開会式/11:30試合開始~15:30表彰式
・入場無料。誰でも観戦可。
・当日の参加台数や試合状況により、時間が早まる場合がある。
開催場所:広島県立広島工業高等学校 [広島市南区出汐2-4-75]
出場台数:148台
全国大会出場枠:
高校生の部:自立型5台、ラジコン型4台
全日本の部:自立型4台、ラジコン型4台
大会詳細

問い合わせ先

富士ソフト コーポレートコミュニケーション部
mkoho@fsi.co.jp

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス