1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 富士ソフト/「全日本ロボット相撲 中国大会」を11月広島で開催

2015年9月30日

富士ソフト/「全日本ロボット相撲 中国大会」を11月広島で開催

富士ソフトは、「第27回全日本ロボット相撲 中国大会」を広島県立広島工業高等学校で、11月1日に開催する。

ロボット相撲は、参加者が自作したロボットを力士に見立て、技術とアイデアで相手を土俵から押し出す競技。

「全日本ロボット相撲大会」は、ロボット作りを通して『ものづくり』の楽しさを知ってもらう場を提供することを目的に1990年から開催、今回で27回目を迎える国内最大規模のロボット競技大会。

全国9ヵ所で行われる地区大会に参戦する約1200台の中から勝ち進んだ128台が全国大会に進出し、全日本の部の優勝者には文部科学大臣杯と文部科学大臣賞、高校生の部の優勝者には文部科学大臣賞が授与される予定。

中国大会の「高校生の部」では、開催校の広島県立広島工業高等学校のほか、島根県立出雲工業高等学校や山口県立田布施農工高等学校、山口県立宇部工業高等学校など各県の強豪が全国大会進出枠を賭けて熱戦を繰り広げるという。

中国大会の開催概要

開催日時:2015年11月1日(日)11:00開会式/11:30試合開始~15:30表彰式
・入場無料。誰でも観戦可。
・当日の参加台数や試合状況により、時間が早まる場合がある。
開催場所:広島県立広島工業高等学校 [広島市南区出汐2-4-75]
出場台数:148台
全国大会出場枠:
高校生の部:自立型5台、ラジコン型4台
全日本の部:自立型4台、ラジコン型4台
大会詳細

問い合わせ先

富士ソフト コーポレートコミュニケーション部
mkoho@fsi.co.jp

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス