1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ACCESS/「PUBLUS」が「漢検ラーニング」のプラットフォームに採用

2015年9月30日

ACCESS/「PUBLUS」が「漢検ラーニング」のプラットフォームに採用

ACCESSは29日、同社のEPUB3対応電子出版ソリューション「PUBLUS(パブラス)」が、共同印刷が開発、同グループの共同印刷西日本が販売する、日本漢字能力検定(漢検)の公式アプリ「漢検ラーニング」のプラットフォームとして採用されたと発表した。「漢検ラーニング」は28日から、App StoreとGoogle Playで配信開始した。

sub1
共同印刷グループの「漢検ラーニング」は、日本漢字能力検定協会の漢検トレーニングの公式アプリ。日本語特有の縦書き組版やルビを忠実に表現した電子書籍アプリで、 “手書き機能”にも対応しているので、日本人にとって見易く、 使い勝手の良いデザインとなっている。

また、問題集ごとの学習の進捗を確認できる“本棚機能“や、進捗や正解率を確認できる“学習履歴機能“、“しおり機能“も備えているので、学習の進捗や前回の正誤結果を確認でき、移動中の空いた時間に前回の続きから始めるといった使い方も可能。

今回採用された「PUBLUS」は、ビューアからコンテンツ配信システムまで、包括的にサポートする電子出版サービスプラットフォーム。「PUBLUS」のビューアとなる「PUBLUS Reader」(iOS/Android対応)は、世界標準のEPUB 3に準拠しつつ、あらゆる端末・OS上で、縦書き・ルビといった日本語特有の組版も忠実に再現する表現力を兼ね備えているという。

関連URL

PUBLUS

ACCESS

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス