1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ラック/エンジニアの卵を支援するプログラムの公募開始

2015年12月25日

ラック/エンジニアの卵を支援するプログラムの公募開始

ラックは、卓越したIT技術を持った若者を支援する「ITスーパーエンジニア・サポートプログラム”すごうで”」の2016年度募集を24日から開始した。

“すごうで”は、IT技術を活用して実現させたい夢がある「エンジニアの卵」を発掘し、そのチャレンジを資金と技術の両面から支援することで、次世代を担う人材育成を狙いとしたプログラム。ITを活用した取り組みであれば内容は問わず、ソフトウェア開発からハードウェア開発、イベント企画などを対象とし、支援対象者には活動費に加えて、同社の技術者などが夢の実現に向けたあらゆるサポートに取り組む。

応募受付は2016年2月29日(当日消印有効)まで。選考の結果、最も優れた個人・グループには、年間100万円相当の活動支援を実施する予定。支援内容の詳細はWebでも確認できる。

募集概要

応募資格:
1:ア又はイに該当すること。
<ア>IT技術(システム構築技術、プログラミング技術、ハッキング技術、アルゴリズム、ITを活用した卓越したアイディア、等)を有する、応募時点で中学校、高等学校、中等教育学校、高等専門学校、特別支援学校に在学する人※応募時点で在学していれば2016年3月卒業予定でも応募可能。
<イ>アに該当する方が過半数を占めるグループ(セキュリティ技術競技大会、プログラミング競技大会、ハッカソンの参加チームや、ソフトウェア共同開発者チームなど)。この場合、グループ全体を支援対象とする。
2:保護者(グループの場合は、20歳未満の方の保護者)の同意が得られること。
3:本プログラムの支援により、実現したい目標および具体的な活動計画があること。
支援内容:応募の中から最も優秀と認められる1件(個人またはグループ)を選定し、提出された活動計画に沿って、2016年4月1日から2017年1月31日までの間に、総額100万円相当を上限とする支援を行う。

関連URL

すごうで2016
募集要項・応募申込書

問い合わせ先

ラック

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使用するPCのセキュリティ対策できてますか? Yubi Plusで対策する! 先生方にもテレワークを! Yubi Plus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
オンライン授業・学習支援システム TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス