1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ラック、若者がITで描く夢の実現を支援する「すごうで2020」の募集開始

2019年11月1日

ラック、若者がITで描く夢の実現を支援する「すごうで2020」の募集開始

ラックは、ITに関する突出した技術力やアイデアを持つ若者の才能を開花させ支援するITスーパーエンジニア・サポートプログラム「すごうで2020」の支援対象者の募集を、11月1日から開始する。

同社では、若者ならではの柔軟な発想を大切にし、才能の開花をバックアップする目的で、2013年度から「すごうで」の取り組みを開始した。これまで7名の若者を支援してきており、今年の「すごうで2019」では、12歳の支援者を決定しサポートを続けている。

「すごうで2020」の応募は来年1月10日(郵送の場合は当日消印有効)まで。応募の中からアイデアが最も優れた1件を選定し、提出された活動計画に沿って目標を実現するための各種支援を行う。

具体的には、セキュリティの観点からの試作ソフトウェアの検証、プログラミングのアドバイスなど、同社専門家による技術的な助言/ハードウェア、ソフトウェア、書籍などの購入費用の提供/国内外で行われる勉強会や競技会参加のための必要経費の提供/プログラミング技術などITのトレーニング、各種講習の受講費用の提供/目標実現に協力できる人や企業・団体の紹介などを行う。活動費用の支援総額は上限100万円。

応募概要

応募申込書および活動計画書に必要事項を記入の上、電子メールまたは郵送で応募する。
募集要項・応募申込書・活動計画書(PDF)

電子メール宛て先 : ラック すごうで事務局 sugoude@lac.co.jp
郵送宛て先 : 〒102-0093東京都千代田区平河町2-16-1平河町森タワー ラック すごうで事務局
1人で複数件の応募、複数のグループへの参加、個人とグループ両方の応募も可能(応募1件ごとに応募書類一式が必要)。

関連URL

ラック

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス