1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「ETロボコン2016」テーマはEV3でカラーセンスを磨け

2016年2月16日

「ETロボコン2016」テーマはEV3でカラーセンスを磨け

ETロボコン実行委員会は15日、「カラーセンスを磨け~最強頭脳で、究極の走行性能とパズルを解き明かせ」をテーマとした「ETロボコン2016」の開催概要を発表した。

ET-rogo

ETロボコンのロゴマーク

組み込みシステム技術協会(JASA)が主催する「ETロボコン」は、組み込みシステム分野において5年後、15年後に世界をリードするエンジニアの育成を目指し、若手および初級エンジニア向けに分析や設計モデリング、製品やサービスの企画開発にチャレンジする教育機会を提供することを目的に行われ、今年15年目を迎える。

ETロボコン2015開会式

ETロボコン2015開会式

昨年は約350チーム、2000人が参加。企業参加と学生(高校生以上)参加がほぼ半々で、企業エンジニアと学生が同じ土俵、同じ技術で競い合える場となっており、相互交流が活発に行われるという。

競技のカテゴリーはこれまで通り、初心者・初級者向けのプライマリー・クラスと上級のアドンバンスト・クラスで構成される「デベロッパー部門」と、テクノロジーを使ってビジネスで勝負できるエンジニアの育成を目的に企画力と表現力を競う「イノベーター部門」の2部門。

今年のテーマが「カラーセンスを磨け」になったのは、アドバンスト・クラスに新走行体が採用されたから。

ブロック並べゲームとHackEV

ブロック並べゲームとHackEV

「HackEV(ハッケブイ)」と命名されたレゴ マインドストームEV3は、2輪駆動とフリーボールで移動し、上下する腕や回転する尻尾をもち、「超音波」「カラー」「ジャイロ」「タッチ」の4種のセンサーを装備している。

競技コースは、これらの能力を最大限に発揮してクリアする設定になっているが、今回の目玉は「カラーセンサー」の活用にある。違う色のトロフィーを土俵外へ押し出す「ET相撲Neo」や、ブロックを同じ色の場所へ移動させる「ブロック並べ」など「カラーセンサー」の活用なしではクリアできないゲームが追加された。

「ETロボコン2016」は、2月27日から地区実施説明会を開始、3月1日~4月7日の申込期間、9月~10月の地区大会を経て、11月16日、17日にパシフィコ横浜でチャンピオンシップ大会を開催する。

プロモーション動画

★3分バージョン

★10分バージョン

関連URL

ETロボコン2016

関連記事

ETロボコン2015/長崎総合科学大学チーム「NiASET」が3賞を獲得

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使用するPCのセキュリティ対策できてますか? Yubi Plusで対策する! 先生方にもテレワークを! Yubi Plus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス