1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 学生のキャリア支援目的にオンライン型プログラミングコンテスト

2016年2月2日

学生のキャリア支援目的にオンライン型プログラミングコンテスト

ギブリーは、全国の学生エンジニアの作品を、現役の社会人エンジニアが実務スキルを評価する、オンライン型のプログラミングコンテスト「SPRINT by codecheck」を2月29日まで開催している。

sprint01「SPRINT by codecheck」は、2017年度卒業予定の学生のキャリア支援を目的として開催する。

参加学生は、ギブリーが開発したプログラミングのスキルチェックプラットフォーム「codecheck」に登録し、チュートリアルを受けてから本試験に臨む。

本試験では、5つのフレームワークから1つを選んでアプリを開発し、1カ月以内に「codecheck」に公開。

完成したアプリは、スポンサー企業10社の現役エンジニアがソースコードや「GitHub」の開発情報を見て「開発実践力」を評価する。

高い評価を集めた上位50名は、後日開催する懇親イベントに招待して表彰を行う。

また、参加学生は、開発したアプリと企業から受けた評価を「codecheck」に公開し続けられるので、就職活動が始まってからはポートフォリオとして使うこともできるという。

概要

開催期間:2016年2月1日(月)~2月29日(月)
開催場所:オンライン(東京都内にて都度、定期勉強会と受験会開催)
参加対象:2017 年度卒業予定の大学生、大学院生、高専生、専門学生
参加費 :無料
定  員:150名程度
回答を評価する企業:エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ、LINE、ソニー、DMM.comラボ、富士ゼロックスなど10社

関連URL

SPRINT by codecheck

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 児童生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス