1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 開発者自ら教えるプログラミング言語「ビスケット」の教室

2016年3月24日

開発者自ら教えるプログラミング言語「ビスケット」の教室

デジタルポケットは、ビジュアルプログラミング言語のビスケットについて開発者などから学びながら、ビスケットの開発にも携われる子ども向けプログラミング教室「こどもビスケット開発室」を、4月から東京で開校する。

ビスケットは、2003年にNTTの研究で開発された”誰でもプログラミングを体験してコンピュータの本質が理解できる”をコンセプトとしたビジュアルプログラミング言語。

デジタルポケットでは、ビスケットのタブレット版の提供や、ビスケットを用いた教材の開発と他教室への教材の提供を行っている。

4月に開講する「こどもビスケット開発室」では、年長~小学2年生を対象にした「ひよこコース」。小学3年生以上を対象にした実験的な内容の「研究員コース」という2つのコースを実施。

楽しみながらコンピュータの可能性が伝わるよう設計されたレッスン、リリース前の新機能や最新の応用にいち早く触れることができる、開発者やソフトウェアができていく過程を身近に感じるといった特徴があるという。

講師は、ビスケット塾の講師陣に加え、ビスケット開発者である原田康徳氏も担当する。

渋谷室で月2回開講し、月額は8000円となっている。

概要

日  程:月2回金曜日開講
時  間:[ひよこコース] 15:00~16:50(110分)/[研究員コース] 17:00~8:50(110分)
場  所:渋谷室[東京都渋谷区桜丘町23-21 渋谷区文化総合センター大和田]
料  金:月額 8000円
定  員:各コース10名
こどもビスケット開発室

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス