1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 千葉工業大チームが「ロボカップ世界大会」で3年連続1位に

2016年7月14日

千葉工業大チームが「ロボカップ世界大会」で3年連続1位に

千葉工業大学は、同大 未来ロボティクス学科を中心に結成されたチーム「CIT Brains」(シーアイティブレインズ)が、ドイツのライプツィヒで開催された「ロボカップ世界大会2016」ヒューマノイドリーグ キッドサイズ部門で、3年連続となる総合ポイント1位を獲得したと発表した。

9529

ロボカップ世界大会テクニカルチャレンジ1位5連覇

「ロボカップ世界大会2016」は、自律移動型ロボットによる競技会。2016年は、6月30~7月4日にかけて開催された。

そのヒューマノイドリーグ キッドサイズ部門で、千葉工業大学の「CIT Brains」は、深層学習を使用したボール検出や、ジャイロセンサを使用した振動抑制制御などを導入し、安定した強さで3年連続となる総合ポイント1位に輝いた。また、テクニカルチャレンジでは5連覇を達成している。

関連URL

千葉工業大学

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 小学校のフラッシュ英単語/英語表現 英語の授業がもりあがる! 無料体験版はこちら CHIeru
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録