1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 千葉工業大チームが「ロボカップ世界大会」で3年連続1位に

2016年7月14日

千葉工業大チームが「ロボカップ世界大会」で3年連続1位に

千葉工業大学は、同大 未来ロボティクス学科を中心に結成されたチーム「CIT Brains」(シーアイティブレインズ)が、ドイツのライプツィヒで開催された「ロボカップ世界大会2016」ヒューマノイドリーグ キッドサイズ部門で、3年連続となる総合ポイント1位を獲得したと発表した。

9529

ロボカップ世界大会テクニカルチャレンジ1位5連覇

「ロボカップ世界大会2016」は、自律移動型ロボットによる競技会。2016年は、6月30~7月4日にかけて開催された。

そのヒューマノイドリーグ キッドサイズ部門で、千葉工業大学の「CIT Brains」は、深層学習を使用したボール検出や、ジャイロセンサを使用した振動抑制制御などを導入し、安定した強さで3年連続となる総合ポイント1位に輝いた。また、テクニカルチャレンジでは5連覇を達成している。

関連URL

千葉工業大学

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 文武両道を実現! すらら×東海大学菅生高等学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス