1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 北欧生まれの知育アプリ「こちょこちょモンスター」を配信

2016年9月2日

北欧生まれの知育アプリ「こちょこちょモンスター」を配信

メディアアクティブは1日、フィンランドのデジタルトイ制作会社Kapu Toysが開発した知育アプリ「Kapu Tickle Toy Camera」の日本版を改良・監修し「こちょこちょモンスター」としてリリースした。

02-kotyo0~5歳児を対象に、親子で楽しく遊びながら子どもの好奇心や想像力を刺激する感覚遊びを体験できる。

メディアアクティブは2012年9月の「鬼から電話」リリース以降、叱るだけではなく褒める、理由を説明するなど、スマートフォンを子育てに利用する新たな活用法を提案してきた。現在では様々な企業とのタイアップを実現し、従来の子育て層にとどまらずより幅広いユーザーに向けて仮想電話体験を提供している。

同アプリでは、言葉を理解できる年齢である2歳児以降を対象としていましたが、子育てサポートツールのさらなる充実を目指し、0歳児から親子のコミュニケーションをはかるツールとして利用することができるフィンランド生まれの知育アプリに注目。

「Kapu Tickle Toy Camera」は世界トップレベルの教育水準を誇るフィンランドのデジタルトイ制作会社Kapu Toysが開発した感覚育成アプリで、画面をタッチするとかわいいキャラクターがくすぐられたかのように笑い声をあげ、動きと音で反応。視覚と聴覚を同時に刺激し、好奇心に働きかけるという。

概要

『こちょこちょモンスター』
販売価格:無料 (一部アプリ内課金あり)
インストール方法:App Storeにて販売
公式サイト

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス