1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 小中学生向け「Hour of Codeプログラミング体験会」12月開催

2016年11月28日

小中学生向け「Hour of Codeプログラミング体験会」12月開催

チアリーが運営する小学生・中学生・高校生向けプログラミングスクールのスタープログラミングスクールは、Hour Of Codeのプログラミング教育普及活動に賛同し、Tickleと共同で小中学生向け「Hour of Codeプログラミング体験会」を、コンピュータサイエンスエデュケーションウィーク中の12月10日に開催する。

本体験会は、アメリカ、台湾、日本の3カ国で開催する。Tickle Appでゲームプログラミングを体験したり、Spheroをプログラミングしてミッションをクリアしたりなど様々なプログラミングが体験できるという。

Hour of Codeは、Code.org(米国)が推進する子ども向けプログラミング教育推進運動で、オバマ大統領やFacebook創業者のマーク・ザッカーバーグ氏など多くの著名人が同運動に賛同しているという。

Tickleは、Scratchにインスパイヤを受け開発されたiPad向けのプログラミング環境アプリ。ブロックによるビジュアルプログラミングが可能で、ドローンなど実物の機器をプログラミングで操作できる。

「Tickle×スタープログラミングスクール HoC プログラミング体験会」概要

開催日時: 12 月10 日(土) 13:30~15:30(13:00受付開始)
開催場所:チアリー東京事務局[東京都新宿区新宿1-15-9 さわだビル9F]
参加対象:小学3 年生~中学1 年生(定員16 名)。保護者の同伴が必要。申込多数の場合は抽選。
参加費:無料

申込

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス