1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. リコー、ハンディサイズの超小型・短焦点プロジェクター新発売

2016年9月23日

リコー、ハンディサイズの超小型・短焦点プロジェクター新発売

リコーは21日、LED光源を採用した超小型・短焦点プロジェクター「RICHO PJ WXC1110」を30日から発売すると発表した。

22-ricoh-2同製品はLED光源 (約2万時間の長寿命) を採用。手のひらサイズの超小型ながら、600lmの明るさを実現。投影距離が短いことも特徴で、90cmの距離で約50インチの画面投影が可能なため、ミーティングコーナーや小規模会議室などの限られたスペースを有効活用することができる。また、パソコンやスマートフォンからの投影はもちろん、USBメモリーなどのメディアに保存されたコンテンツを直接投影することもできる。

さらに、本体は約450gと軽量で、1.5Wのスピーカーも内蔵されており、営業担当者が持ち歩いて客先でのプレゼンで活用するのに適している。

同製品はリコーのオンラインストアで販売。本日21日から予約受付を開始。

関連URL

リコー

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 新学習指導要領対応!チエル クラウド型デジタル教材 基礎・基本 国語検定
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録