1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. リコー、LED光源を採用した短焦点ハンディ・プロジェクターを発売

2021年1月29日

リコー、LED光源を採用した短焦点ハンディ・プロジェクターを発売

リコーは、LED光源を採用した超小型・短焦点プロジェクター「RICOHPJWXC1210」、およびスタンダードタイプのベーシックモデルとして「RICOHPJHD5452/WX5462」
を、2月3日に発売する。

新製品「RICOHPJWXC1210」は、2016年に発売した「RICOHPJWXC1110」の後継機種。LED光源(約2万時間の長寿命)を採用しており、前身機種の600lmから800lmに明るさが向上。投影距離が短いことも特徴で、約69cmの投射距離で約40型の投影を快適に実現。

手のひらに収まるサイズと、手軽に持ち運べる約500グラムの超軽量ボディにより、会議室だけでなく、食堂などの共有空間、工場や倉庫内の作業スペースでホワイトボードや卓上スクリーンに投影するなど、さまざまなビジネスシーンで快適なコミュニケーション環境をサポート。

さらに、多彩なインターフェースを備えており、映像入力はHDMIのほかUSB-タイプC(DisplayPortALTモード)、そしてメディアプレーヤー機能として、USBメモリーやmicroSDTMカードに保存されたコンテンツを直接投影することが可能。加えて、各種ミラーリングデバイスへの給電が可能なUSB端子を搭載し、近年ご要望の多いパソコンやスマートデバイスからのワイヤレス投影にも対応。

本体の無償保証期間を標準で3年間とし、長期にわたって安心して利用できるサポート体制で提供。

また、「RICOHPJHD5452/WX5462」は、スタンダードタイプのベーシックモデルとして発売するもので、リーズナブルでありながら、必要にして十分な機能を備え、高精細なフルHD解像度も選べます。主にデスクトップで、大画面の投影を求められるシーンにフィットするモデル。

関連URL

「RICOHPJWXC1210」

「RICOHPJHD5452/WX5462」

リコー

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス