1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. レノボ、オールインワン会議室専用端末「ThinkSmart Hub 500」を発表

2018年2月2日

レノボ、オールインワン会議室専用端末「ThinkSmart Hub 500」を発表

レノボ・ジャパンは1日、会議室専用端末「ThinkSmart Hub 500」を発表した。

0202-ttThinkSmart Hub 500は、会議室をスマートにするオールインワン端末。Skype for Businessに最適化されたSkype Room Systemが搭載されたThinkSmart Hub 500は、マイク、スピーカー、操作用ディスプレイといった必要な機能のすべてを備え、360度集音マイク、高品質なスピーカーにより、部屋のどこにいてもクリアな音声で会話ができ、安定したコミュニケーションが可能。

タッチ対応モニターは360度回転し、直感的なユーザーインターフェースで迷うことなく操作が行えるため、設定に手間取り会議の開始が遅れるといった心配がないという。またHDMIポートを経由して会議参加者のPCと接続するだけで、会議室のプロジェクターやディスプレイへの画面投影はもちろん、その画面が自動的にオンライン会議参加者とも共有可能な機能も備えている。

ThinkSmart Hub 500は、各会議室に設置する際も、管理者はActive DirectoryやAzure ADのアカウント情報を入力するだけで利用開始が可能となるシンプルな設計。盗難紛失対策としてワイヤーロックに対応したセキュリティードア(ポート類への無断アクセスを防止)を採用しており、会議室に安心して常設できる。

さらに、常にサインインした状態で社内ネットワークに接続されているため、利用者はSkype for Businessでのオンライン通話と同じく、メイン画面に表示されるオンライン会議リストから、会議名を選択するだけでオンライン会議に接続できる。OSにはWindows 10 IoT Enterpriseを搭載し、使い慣れたWindows用環境での統合管理が可能。

関連URL

ThinkSmart Hub 500

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 学校現場のICT活用情報冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録