1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. レノボ、オールインワン会議室専用端末「ThinkSmart Hub 500」を発表

2018年2月2日

レノボ、オールインワン会議室専用端末「ThinkSmart Hub 500」を発表

レノボ・ジャパンは1日、会議室専用端末「ThinkSmart Hub 500」を発表した。

0202-ttThinkSmart Hub 500は、会議室をスマートにするオールインワン端末。Skype for Businessに最適化されたSkype Room Systemが搭載されたThinkSmart Hub 500は、マイク、スピーカー、操作用ディスプレイといった必要な機能のすべてを備え、360度集音マイク、高品質なスピーカーにより、部屋のどこにいてもクリアな音声で会話ができ、安定したコミュニケーションが可能。

タッチ対応モニターは360度回転し、直感的なユーザーインターフェースで迷うことなく操作が行えるため、設定に手間取り会議の開始が遅れるといった心配がないという。またHDMIポートを経由して会議参加者のPCと接続するだけで、会議室のプロジェクターやディスプレイへの画面投影はもちろん、その画面が自動的にオンライン会議参加者とも共有可能な機能も備えている。

ThinkSmart Hub 500は、各会議室に設置する際も、管理者はActive DirectoryやAzure ADのアカウント情報を入力するだけで利用開始が可能となるシンプルな設計。盗難紛失対策としてワイヤーロックに対応したセキュリティードア(ポート類への無断アクセスを防止)を採用しており、会議室に安心して常設できる。

さらに、常にサインインした状態で社内ネットワークに接続されているため、利用者はSkype for Businessでのオンライン通話と同じく、メイン画面に表示されるオンライン会議リストから、会議名を選択するだけでオンライン会議に接続できる。OSにはWindows 10 IoT Enterpriseを搭載し、使い慣れたWindows用環境での統合管理が可能。

関連URL

ThinkSmart Hub 500

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
主体的に学ぶ力をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! 1:アルバム機能、2:学びの振り返り機能
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス