1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. デジハリとBA、「人工知能時代のメデイアの在り方」テーマにハッカソン

2016年9月30日

デジハリとBA、「人工知能時代のメデイアの在り方」テーマにハッカソン

デジタルハリウッドは29日、ビジネス・アーキテクツ(BA)とともに「人工知能時代のメディアの在り方」をテーマにしたハッカソン『HACKATHON: UI for NEWS MEDIA × AI』を、10月22、23日の2日間開催すると発表した。

0930-hack

BAとデジタルハリウッドの卒業生の起業支援機関の「D ROCKETSインキュベーター」、およびエンジニア養成学校「G’s ACADEMY TOKYO」がタッグを組み、AIを活用した新たなメディアの在り方を問うハッカソンンを目指すもの。

最優秀賞には10万円(商品券)が贈呈されるほか、BAの「人工知能インターフェース開発プロジェクト」にも参画可能という。

マイクロソフト社の「Bot Framework」、IBM社の「Watson」などが協力。人工知能APIはハッカソン参加者がオープンに活用でき、当日は参加するエンジニア・プランナー・デザイナーのクリエイティビティを存分に発揮して開発することが可能という。

エンジニアはもちろん、メディア関係者、デザイナー、オウンドメディア運営者など、人工知能を活用したビジネスに興味のある人、人工知能の分野が初めての人も大歓迎という。

開催概要

開催日時:10月22日、23日の全2日間
1日目10:00~22:00 / 2日目10:00~20:30
開催会場: G’s ACADEMY TOKYO BASE
応募要件:年齢制限なし、開発、デザイン経験のあるエンジニア、メディア分野(運用者・編集者・ライタ ー・ブロガーなど)の経験者(学生可)
定員:50人程度(応募者多数の場合は抽選などの方法で最終決定)
参加費:1000円
持ち物:エンジニアはPCなどを、メディア分野やプランナーは自身で使用する資料や道具などを持参

詳細・申込

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 先生方にもテレワークを! 狭山市導入事例 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の安否確認に
  • 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン 詳しくはこちら! lockncharge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス