1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 全日本ロボット相撲全国大会、12月に国技館で開催

2016年10月14日

全日本ロボット相撲全国大会、12月に国技館で開催

富士ソフトは13日、「第28回全日本ロボット相撲全国大会」および第3回世界大会「INTERNATIONAL ROBOT SUMO TOURNAMENT 2016」を12月18日に国技館で開催すると発表した。

1014-robo

昨年度「全日本ロボット相撲全国大会」の模様

「全日本ロボット相撲全国大会」は、富士ソフトが主催する「全日本ロボット相撲大会」の「全日本の部」の全国大会。28回目を迎える今大会は、全国9カ所で行われた地区大会の「全日本の部」に参加した1057台のロボットの中から、勝ち進んだ64台が全国大会に集結。「第28代横綱」を目指してトーナメント方式で競い合う。優勝者には文部科学大臣杯と文部科学大臣賞が授与される。

そして、全日本ロボット相撲全国大会の「第28代横綱」、準優勝力士と海外で開催されたロボット相撲大会の上位入賞者が世界一をかけて挑むのが 「INTERNATIONAL ROBOT SUMO TOURNAMENT」。

第3回大会の今回は、海外で開催されたロボット相撲大会のうち公認16大会の上位入賞者が出場。ブラジル、コロンビア、エクアドル、スペイン、エストニア、ラトビア、リトアニア、メキシコ、モンゴル、ペルー、ポーランド、ルーマニア、トルコ、中国、パラグアイ、アルゼンチン、コンゴ、インドネシア、エジプト、アメリカ合衆国、カナダ、オーストリアのチームが世界一の座を巡って戦いを繰り広げるという。

海外でも相撲ロボットの制作はロボットテクノロジーの習得に適していると評価され、現在、海外で開催されているロボット相撲大会には22カ国が参加、総出場台数はおよそ年間1000台に上るという。

関連URL

全日本ロボット相撲大会

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス