1. トップ
  2. データ・資料
  3. 68%の小学生保護者が「プログラミング教育に賛成」

2016年11月11日

68%の小学生保護者が「プログラミング教育に賛成」

アスキー・メディアワークスは10日、角川アスキー総合研究所と共同で、『子どもライフスタイル調査 2016 秋』を実施し、その調査結果を発表した。

『子どもライフスタイル調査 2016 秋』は、アスキー・メディアワークスの女の子向けゲーム&キャラクター情報誌「キャラぱふぇ」の読者を対象に実施。回答者から読者の中心層である女子小学生を抽出して、集計分析した。

その調査結果によると、女子小学生にプログラミングついて尋ねたところ、66%が「プログラミングという言葉も知らない」と回答。一方、8%が「プログラミングを現在学習している」「プログラミングをこれから学習したい」と回答した。

また、女子小学生の保護者に小学校でのプログラミング教育について尋ねたところ、68%が「プログラミング教育に賛成」と回答した。一方、「プログラミング教育に反対」は29%となった。

小学校でのプログラミング教育に賛成と回答した保護者に理由を尋ねたところ、40%が「プログラミングの知識で世界が広がる」と回答。次いで「プログラミングを勉強する過程で論理的思考が身につくと思う」(34%)と回答した。

一方、反対と回答した保護者に理由を尋ねたところ、53%が「プログラミングより学習すべき教科があると思うから」と回答。次いで、「国語や算数などの基礎学習を充実させてほしいと思うから」が38%を占た。

調査概要

調査期間:2016年8月1日~2016年9月20日
調査方法:雑誌添付ハガキによるアンケート
調査対象:女子小学生 ※雑誌「キャラぱふぇ」の読者を対象に調査を実施し、回答者から女子小学生のみを抽出して集計
集計サンプル数:合計 292 件(小1~3年生 204件、小4~6年生 88件)

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • こらからの日本の教育ICTにフィットした環境作りを目指して 10月21日(水) 14:00~ オンライン SYNNEX
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス