1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ポリグロッツ、AI利用の興味連動型語学マッチングサービスを公開

2016年12月21日

ポリグロッツ、AI利用の興味連動型語学マッチングサービスを公開

ポリグロッツは20日、AIを利用した興味連動型の語学マッチングサービスを正式公開し、あわせて第三者割当増資の実施を発表した。

d10773-16-145482-1同社では、半年ほど前から「HandShake」という興味連動型の語学学習者同士のマッチング機能をベータ版として開始。自習しているユーザに、チャットを通して学んだ英語や日本語を使う機会を提供する機能で、利用回数を限定したマッチングにも関わらず、依頼数は約90万、マッチング数は約1万に上っているという。

とくに、東南アジアでの日本語学習ユーザの伸びが大きく、2020年の東京オリンピックに向けた在住外国人の増加も合わせて、数百万ユーザ規模になると予想している。

これらの結果やユーザアンケートを踏まえ、隙間時間を利用した語学マッチング需要が高いことから本格的なマッチングを開始したという。また、これに合わせて、米国の個人投資家を中心に第三者割当増資を実施するという。

語学マッチングサービスは、ユーザの興味をベースにしたマッチングアルゴリズムを適用し、学習者同士、学習者と先生をマッチング。チャット画面では、Cupid Botが、それぞれの興味、難易度に応じて、会話のサポートもしてくれる。

「好きな話題で、好きな人と、好きな時に」英語を学び、日本語を教えることできることが特徴。まずは、英語学習ユーザと日本語学習ユーザをベースに開始。順次、プロ講師を投入し、他の言語へも展開、来年には中国語版の公開を予定しているという。

関連URL

ポリグロッツ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス