1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ヒューマンホールディングス、小学校低学年生向け英語教室を開講

2017年2月7日

ヒューマンホールディングス、小学校低学年生向け英語教室を開講

ヒューマンホールディングスは、小学生から始める英語教室「ヒューマンアカデミーランゲージスクール」で、学習指導要領に対応した小学校低学年向け英語プログラム「エレメンタリーコース」を開発、10日から提供する。

d5089-328-469162-0英語は、2020年から英語活動として小学校3年生から導入され、小学校5年からは正式教科になるが、実際に行われるであろう公教育の英語は、多人数のクラス授業であるうえ、小学校の英語は日本人の先生と様々な国のネイティブスピーカーのペアーティーチングで行われ、発音・イントネーションは統一されてはいない。

そこでヒューマンランゲージスクールでは、小学校外国語学習指導要領に対応しつつ、より高度な英語力をつけるための、実際に聞くことが多い米音に基づくビデオオンデマンド学習と英語のマンツーマンレッスンを組み合わせた英語プログラム「エレメンタリーコース」を開発した。

「エレメンタリーコース」は、25分のビデオレッスンで、標準的な米音を使った米国人スタッフがeラーニングで導入レッスンを行う。また、25分のプライベートレッスンで、ビデオレッスンで学習したことを1対1で外国人講師と練習。さらに、約10分のプリント学習で、日本人講師の指導の下に筆記練習を行う。

対象は小学校2年~6年生で、授業設定は60分×月4回(週1回)。

関連URL

ヒューマンアカデミーランゲージスクール

Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス