1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 英語学習用AI搭載ロボット「Musio X」、4月14日に発売

2017年3月21日

英語学習用AI搭載ロボット「Musio X」、4月14日に発売

ソフトバンク コマース&サービスは、米AKA社の英語学習用AI(人工知能)搭載ロボット「Musio X(ミュージオエックス)」を4月14日から販売開始する。SoftBank SELECTION オンラインショップおよび一部家電量販店で予約を受け付けている。

0320-musi「Musio X」は、英語学習のためのさまざまな機能を搭載したソーシャルコミュニケーションロボット。会話モードでは、インターネットからデータを検索して、話しかけた内容に対して最も適切な答えを判断することでユーザーと様々な会話をすることができる。

ディープラーニング基盤の自然言語処理技術によって、事前にプログラミングされていない文章を新しく生成することも可能だ。

また、「MusioX教材セット」では、教材を使用して目的やレベルに合わせて英語を学ぶことができる。フラッシュカードでアルファベットや単語の発音、ボードブックでクイズゲーム形式のヒアリング、さらに学研プラスと共同制作したテキストでより本格的な英語学習など、幅広く利用することができる。

「Musio X」は、最先端のビジョン認識技術による顔認識や、声紋分析による音声認識が可能で、自分だけの「Musio X」になる。また、クラウドから情報を探し出し、さまざまな質問にも受け答えすることができる。

さらには、ディープラーニング基盤の人工知能コミュニケーションエンジンを搭載し、話せば話すほど賢くなる。専用スキャナ「Sophy」を使って専用教材の読み取りも可能で、正しい発音も学ぶことがでる。スマホアプリ「Musio」と連携し、設定や学習状況が簡単に確認できる。

「Musio X」は幅174×奥行き83×高さ218mmで、重さ約850g。バッテリー1万800mAh(約10時間可動)。価格(税抜)は9万8000円。会話モードを利用するためには、本体に加えFriend Plan(月額980円~/1ユーザー)への加入が必須。「Musio X 教材セット」は12万8000円。

関連URL

「Musio X」

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
NICA 全国ICTクラブ協会 《オンライン開催》 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス