1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 19言語を即翻訳、AI対応のダイバーシティ・コミュニケーションツール

2017年3月9日

19言語を即翻訳、AI対応のダイバーシティ・コミュニケーションツール

富士通と富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、聴覚障がい者参加型コミュニケーションツール「FUJITSU Software LiveTalk」に、AIを搭載した翻訳エンジンへの対応を行うなど、多言語に対応するための機能を追加し、8日から、ダイバーシティ・コミュニケーションツールとして新たに提供を開始した。

 多言語自動翻訳 利用イメージ

多言語自動翻訳 利用イメージ

「LiveTalk」は、学校での授業や企業での会議などで、発話者の発言を音声認識し、即座に複数の端末にテキスト表示することで、聴覚障がい者を含む参加者全員のリアルタイムなコミュニケーションを可能にするソフト。

従来の「LiveTalk」は日本語のみの対応だったが、新たに多言語の音声認識と、AIを搭載した翻訳エンジンに対応。発話と同時に翻訳結果を表示する富士通SSLの独自技術と組み合わせることで、さまざまな言語間でのリアルタイムなコミュニケーションを可能にした。

この多言語への対応により、聴覚障がい者とのコミュニケーションだけでなく、外国籍の児童生徒とのコミュニケーションも支援する、ダイバーシティ・コミュニケーションツールとして今後は同製品を展開していく。

 従来方式の自動翻訳との比較イメージ

従来方式の自動翻訳との比較イメージ

音声認識と自動翻訳に対応するのは、日本語のほか、英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、フランス語、スペイン語、アラビア語、ロシア語、ポルトガル語、ドイツ語、イタリア語、ポーランド語、オランダ語、デンマーク語、フィンランド語、スウェーデン語、ノルウェー語、カタロニア語の全19言語。

そのうち、日本語・英語・中国語(簡体字)・フランス語・スペイン語・アラビア語・ロシア語・ポルトガル語・ドイツ語・イタリア語の10言語は、AIを搭載した翻訳エンジンに対応し、より高精度の翻訳が可能だという。

「FUJITSU Software LiveTalk」の販売価格は、1クライアントで5万円、5クライアントで20万円。

スマートデバイスで利用の場合、保守サービス契約が必須で、「FUJITSU Software LiveTalk」の保守サービスの年額費用は、1クライアントで1万円となっている。

関連URL

富士通

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

学力向上に即効 S、Aランクが3倍に 西武台高等学校 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 快適なテレワークに必要なのは、業務用Wi-Fiの活用! ~withコロナ時代に実践企業から学ぶ~ 会期:2020年11月17日(火) 時間:13:00~17:00 主催:マイナビニュース 協賛: FURUNO SYSTEMS WIRELESS NAVI 2020
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス