1. トップ
  2. ツール・教材
  3. 富士通と富士通SSL/聴覚障がい者参加型コミュニケーションツールの運用開始

2015年10月23日

富士通と富士通SSL/聴覚障がい者参加型コミュニケーションツールの運用開始

富士通と富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は22日、富士ゼロックスサービスクリエイティブに、聴覚障がい者参加型コミュニケーションツール「FUJITSU Software LiveTalk(フジツウ ソフトウェア ライブトーク)」を導入し、本格運用を開始したと発表した。

「LiveTalk」は、会議など複数人が情報を共有する場において、複数の発話者の発言を音声認識し、即時にテキストに自動変換して参加者のパソコンやタブレット画面に表示することで、聴覚障がい者を含む参加者全員がリアルタイムに情報を共有できるソフトウェア。

富士ゼロックスサービスクリエイティブでは、聴覚障がいのある社員が在籍する事務サービス部に「LiveTalk」を導入したことにより、会議の進行がスムーズになり会議時間が短縮されたうえ、情報共有も容易になり、業務の効率化と職場のコミュニケーションのさらなる活性化を実現。今後、聴覚障がいのある社員が在籍する他部門での利用も予定している。

富士通と富士通SSLは「LiveTalk」のさらなる機能拡充を図るとともに、企業や自治体、学校などに向けて幅広く提供していく予定だという。

関連URL

LiveTalk

問い合わせ先

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
商品問合せ窓口
ssl-info@cs.jp.fujitsu.com

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi “主体的に学ぶ力”をのばす Classiポートフォリオ 2つの新機能登場! アルバム機能 学びの振り返り機能 詳細はこちら
FREE! 2020年3月26日(水) 教育委員会・教員向け Google for Education Chromebookの利用開始と学習環境構築 ハンズオンセミナー SCHOOL INNOVATION SEMINAR in TOKYO 会場:東京都品川区 大井町駅 5分 お申込みはこちら
ICTクラブ大泉学園 情報活用能力を育む SREAM系「21世紀コース」 プログラミングだけじゃない!

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス