1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 富士ソフト、被災支援の「みらいスクールステーション」を熊本市へ寄贈

2017年4月18日

富士ソフト、被災支援の「みらいスクールステーション」を熊本市へ寄贈

富士ソフトは、熊本地震の被災支援の一環として、市内16カ所の小中学校と市教育センターへ、総合教育ソリューション「みらいスクールステーション」を2016年8月から8カ月間無償貸与してきたが、引き続き利用できるよう、4月1日付で熊本市への寄贈を決定し、4月19日に熊本市教育委員会で寄贈式を行う。

0414-fuji被災地域の教育現場においては、体育館や校庭の被災状況や、避難所運営により、全校集会など通常の学校行事の実施が困難な学校が多く見受けられた。そのような状況のなか、教室のテレビやプロジェクター、校内LANと同社の「みらいスクールステーション」の校内放送機能を活用することで、体育館・校庭に集合しなくても学校行事が実施でき、校長や教師たちからの情報発信、さらに生徒同士での映像による情報配信を可能にしたという。

富士ソフトでは、今回の寄贈で、みらいスクールステーションの電子掲示板機能や授業支援など多彩なその他複数の機能も活用し、さらなる学校運営の効率化に寄与できることを期待しているという。

関連URL

みらいスクールステーション

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス