1. トップ
  2. データ・資料
  3. 中2生は「勉強嫌い」が約6割、「勉強が好きになった子」の特徴とは?

2017年4月20日

中2生は「勉強嫌い」が約6割、「勉強が好きになった子」の特徴とは?

東京大学社会科学研究所とベネッセ教育総合研究所は、2014年に「子どもの生活と学び」の実態を明らかにする共同研究プロジェクト(親子パネル調査)を立ち上げ、同一の親子(小学1年生~高校3年生、約2万1000組)を対象に、2015年以降、複数の調査を実施している。

今回、2015年と2016年の2時点における調査から12学年にわたる学習の実態や変化を明らかにした結果をまとめ、19日に発表した。主に、学習意欲(勉強の好き嫌い)に注目し、勉強が好きになった子にはどのような特徴があるのかを検討している。

0420-bn0調査結果によると、まず、学習時間の平均は小1生から中1生まで堅調に増加するものの、中1生から中2生にかけて8分減少。同様に、中3生から高1生にかけては31分減少していた。

同じ子どもの変化を1年間追跡した結果では、中2生の約半数、高1生の6割が前年よりも学習時間を減らした。中だるみや学習ばなれが起きやすい学年であることが分かる。

0420-bn1勉強が「嫌い」(まったく+あまり好きではない)は、小1~6生では2~3割にとどまるが、小6生~中2生にかけては26.0ポイントも増加し、中2生で約6割に達した。

同じ子どもの勉強の「好き嫌い」について1年間の変化をみると、「好き→嫌い」に変わった比率は小6生→中1生(19.2%)や中1生→中2生(17.4%)に多い。一方、「嫌い→好き」に変わる子どもも、すべての学年で1割程度いた。

0420-bn2勉強が「嫌い→好き」になった子どもは、他の子どもに比べて前年よりも学習時間を増やしていた(35分増加)。また、成績が上がったのは26.8%で、他の子どもよりもその比率は高い。

勉強が「嫌い→好き」になった子どもは、「新しいことを知るのがうれしい」という内発的な学習動機をもって勉強している比率が高かった(35.2ポイント差)。また、勉強が「嫌い→好き」になった子どもは、さまざま学習方法を工夫している比率が高かった。

関連URL

調査結果

ベネッセ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス