1. トップ
  2. データ・資料
  3. 東大とベネッセの調査 「子どもの自立」51.2%の保護者が不安

2016年3月22日

東大とベネッセの調査 「子どもの自立」51.2%の保護者が不安

東京大学社会科学研究所とベネッセ教育総合研究所は14日、「子どもの生活と学びに関する親子調査2015」の結果速報を発表した。

小学1年生から高校3年生までの親子について、「生活」をはじめ、「学習」「人間関係」「親子のかかわり」などを調査し、社会で活躍するためのベースとなる「自立」の基礎が、どの成長段階でどのくらい身についているのか、その実態や課題を分析したもの。

子どもが大人になったとき自立できるか不安かどうかを尋ねたところ、51.2%の保護者が「不安である」と回答した。特に男子の保護者で不安が高い結果となった。

また、子どもや保護者自身の悩みや気がかりの内容について聞いたところ、「整理整頓・片づけ」との回答が57.1%となった。小学生の保護者は「友だちとのかかわり」(47.5%)、中・高校生では「学校の成績」(45.7%)、「携帯電話やスマートフォンの使い方」(35.5%)に悩む保護者が多いという結果となった。

「将来の目標がはっきりしている」かどうかについては、肯定する子どもが50.1%となった。中学2年生がもっとも低く(42.3%)、逆に高校3年生では肯定する生徒が多い(61.1%)結果となった。

東京大学社会科学研究所とベネッセ教育総合研究所は、2014年に共同研究プロジェクトを立ち上げ、「子どもの生活と学び」の実態を明らかにする調査を開始。今回の報告はその第1回調査となる。

関連URL

東京大学社会科学研究所・本プロジェクト
ベネッセ教育総合研究所・本プロジェクト

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ロボットとならはずかしくない!間違えたって英語で話そう!英会話ロボットはチャーピー Charpy
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!eラーニングでお悩みですか? Matrox
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス