1. トップ
  2. データ・資料
  3. コドモン、小学校でのコドモン連絡機能に関する利用アンケート結果を公開

2022年7月7日

コドモン、小学校でのコドモン連絡機能に関する利用アンケート結果を公開

コドモンは5日、こども施設向けICTシステム「CoDMON」を導入する小学校で、保護者と学校職員を対象に実施した利用調査アンケートの結果を発表した。

それによると、「今後もコドモンを使いたいと思いますか?」の問いには、99.7%の保護者が「はい」と回答。前回2020年は「はい」が96.2%であり、小学校の保護者との連絡ツールとしてアプリ利用が一般化しつつあることが分かったという。

「コドモンを使ってみてその効果に満足できましたか?」の問いには、「満足」が73.1%、「普通」が25.4%、「不満」が1.4%と回答。朝の欠席連絡などの情報伝達がスピーディーになり保護者の負担が軽減され、満足度は高い傾向にあるという。「不満」とした人の中には使い慣れるまでに時間を要し不便さを感じたことがあるとの回答があった。同社では効果実感のためさらなる改良を重ねていきたいとしている。

「学校へ欠席連絡する場合、どの方法が一番良いですか?」の問いには、「コドモン」が97.1%。次いで「連絡帳」1.7%、「電話」1.2%となった。

「おたよりは、どの方法が確認しやすいですか?」の問いには、「コドモン/プリント両方欲しい」が44.5%、「コドモン」44.2%、「プリント」11.3%となった。

「学校とのコミュニケーションやPTA活動でどのような点が改善されましたか?(複数選択可)」の問いには、アプリの最大のメリットである「外出先でも学校のプリントを見ることができて便利になった」「プリントの量が減った」という2点が最も改善を実感した結果となった。

「コロナ禍において、コドモンが導入されて役に立ったと思いますか?」の問いには、94.5%が「はい」と回答。理由には「コドモン導入前は欠席連絡のために登校班や近所のお友達に連絡帳を預ける必要があり、コロナ禍は特に頼みづらかったがその心配がなくなったため」、「体温チェックを紙で提出していたのがアプリになったので入力、提出が楽になった」、「家族全員が体調不良でも、簡単に欠席連絡できるため」などの意見が寄せられた。

「保育園・幼稚園から連絡アプリを利用されていた方のみにお伺いします。小学校で利用開始した際に、すでに同じアプリを持っていたことで感じたメリットを教えてください(複数選択可)」の問いには、「新たに操作を覚えなくて済んだ」が59%、「所属施設が異なる兄弟への連絡が一つにまとまり楽になった」が28%、「保育所からのデータを引き継げて楽だった」が13%となった。

関連URL

コドモン

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス