1. トップ
  2. データ・資料
  3. 2022年入社の新入社員の勤務形態は「出社」が約6割 =学情調べ=

2022年3月17日

2022年入社の新入社員の勤務形態は「出社」が約6割 =学情調べ=

学情は15日、「2022年4月入社の新入社員の勤務形態」に関して企業の人事担当者にアンケート調査した結果を発表した。

それによると、新入社員の勤務形態は「出社」が58.8%で最多。次いで、「出社とテレワークの組み合わせ」31.9%と続いた。「入社し一定期間後に、テレワークを実施」は8.3%で、「入社後すぐに、テレワークを実施」の回答は0.9%に留まった。入社後すぐは、「出社」の機会を設ける企業が9割を超える。新入社員以外の勤務形態では、6割以上の企業が「テレワークを実施している」と回答していることから、テレワークを実施している企業でも、入社直後は「出社」とする企業が多いことが分かった。

「テレワークだけでは、OJTが難しい」「昨年や一昨年など、入社直後からテレワークをしていた社員のアンケートを見て、出社の意義を再認識した」「入社直後は先輩社員とのコミュニケーションが大切だと思う」などの声が寄せられたという。

また、若手社員がテレワークをする際に課題となる点について、「モチベーションの状態をつかみにくい」の回答が75.4%で最多。次いで、「報連相などのコミュニケーション不足」69.3%、「作業の進捗状況や成果の把握が難しい」62.1%と続いた。「テレワークだと、体調やメンタル面の調子が分かりにくい」「どんなことを相談して良いか分からず、テレワークでは質問しにくいという社員が多い」などの声が寄せられたという。

関連URL

学情

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス