1. トップ
  2. データ・資料
  3. 新社会人の6割以上が「入社後すぐのテレワークは不安」と回答 =学情調べ=

2022年1月14日

新社会人の6割以上が「入社後すぐのテレワークは不安」と回答 =学情調べ=

学情は13日、4月に入社を控えている新社会人410人を対象に実施した、「入社後のテレワークに関するインターネットアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「テレワークの制度があったら利用したいか」と質問したところ、「利用したい」と回答した新社会人が44.9%に上った。「どちらかと言えば利用したい」31.7%を合わせると、「利用したい」と回答した新社会人は7割を超えた。

「ある程度自分で仕事を進められるようになったら、テレワークも実施したい」、「通勤時間がなければ、その分疲れにくくなり、集中して仕事に取り組めると思う」、「通勤にかかる時間を、自己研鑽やリフレッシュに充てることができれば、より生産性高く仕事ができると思う」などの声が寄せられた。

一方で、「入社してすぐにテレワークは難しいと思う」、「まずは出社して仕事や会社の雰囲気に慣れたい」、「直接質問したり、先輩の仕事ぶりを見ながら学んだりできる環境のほうが、早く仕事を覚えることができると思う」などの指摘もあった。

「入社後、どのぐらいの頻度でテレワークを実施したいか」を聞いたところ、「週に1~2回」が36.9%で最多。次いで回答を集めたのは「入社後、仕事に慣れてから実施したい」22.0%で、「毎日」は7.3%に留まった。

20代転職希望者を対象にした同調査では、「毎日」21.7%、「週に3~4回」26.1%と高い頻度でテレワークを実施したいと回答した人が多く、「週に1~2回」の回答は17.2%に留まっている。

社会人経験のある20代転職希望者と比較すると、新社会人は少ない頻度でのテレワークを希望していることが分かった。

「入社後すぐにテレワークを実施することに不安があるか」と尋ねたところ、「不安がある」「どちらかと言えば不安がある」と回答した新社会人が、6割以上(65.4%)に上った。

「テレワークだと質問をしにくい」、「仕事に慣れるまでは、1人で業務を進めると、正しくできているのか分からないと思う」などの声が寄せられており、入社後すぐにテレワークをすることには不安を感じる新社会人が多いことが分かった。

また、「入社後すぐのテレワークで不安を感じること」を聞いたところ、「仕事の進め方の習得」が84.0%で最多。次いで、「先輩や上司などの社内の人間関係」76.9%、「仕事で必要なスキルの習得」74.6%と続いた。

この調査は、今年4月に入社を控えた、新卒採用サイト「あさがくナビ2022」会員を対象に、2021年11月29日~12月3日にかけて、Web上でのアンケートという形で実施。有効回答数は410人。

関連URL

調査結果の詳細

学情

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス