1. トップ
  2. データ・資料
  3. 5日間以上のインターンシップ実施企業の7割以上が「半数を超える日程」で職場体験導入 =学情調べ=

2022年8月26日

5日間以上のインターンシップ実施企業の7割以上が「半数を超える日程」で職場体験導入 =学情調べ=

学情は24日、企業・団体の採用担当者を対象に実施した「インターンシップ」に関するアンケート結果を発表した。

2025年卒学生対象のインターンシップより、「5日間以上」「実施期間の半分を超える日程で職場体験を必ず行う」などの要件を満たした場合、インターンシップで取得した学生情報を採用・選考活動に活用できることになった。この決定を受け、各社は2025年以降に卒業を迎える学生へのインターンシップをどのように実施していくかアンケートを実施したという。

それによると、2023年卒を対象にしたインターンシップで、5日以上のインターンシップを実施している企業に「半数を超える日程で職場体験を実施しているか?」と質問したところ、「導入している」が71.4%。「プログラムによる(導入している回もあればしていない回もある)」が17.9%、「導入していない」が10.7%となった。

「プログラムによる(導入している回もあれば導入していない回もある)」と回答した企業のうち、50.0%が「今後のインターンシップで職場体験の実施日数を増やそうと考えている」としている。また、職場体験を「導入していない」企業のうち、50.0%が「導入を検討している」という結果だった。5日間以上、かつ半数を超える日程で職場体験を実施するという条件下で、インターンシップと選考の連携が可能になることを受け、職場体験の機会を増やしたり、新たに設けたりすることを検討する企業が多いことがわかった。

2023年卒を対象にしたインターンシップで、2~3日程度のインターンシップを実施している企業に「今後、5日間以上のインターンシップを導入する予定はあるか?」と質問したところ、「毎回は難しいが『5日間以上』のインターンシップも導入したい」が42.9%に上った。約半数の企業は、今回のルール変更を受け、5日間以上のインターンシップの導入を前向きに考えていることがわかった。

同じ質問を、半日~1日以下のインターンシップを実施している企業を対象にしたところ「毎回は難しいが『5日間以上』のインターンシップも導入したい」は26.0%。「導入する予定はない」が48.5%と約半数を占めた。現在すでに複数日程のインターンシップを実施している企業は「5日間以上」の導入に前向きであるものの、1日でのインターンシップを開催している企業にとっては、複数日程の開催はハードルが高いことがうかがえた。

インターンシップを実施していない企業に「(要件を満たせば取得した学生情報を採用・選考に活用できると決まったことを受け)今後インターンシップの実施を検討しているか?」と質問したところ、「今回の決定を受け、インターンシップの実施を検討していく」と回答した企業が14.2%に上った。「今回の決定に関係なく、インターンシップの実施を予定・検討していた」と回答した企業も32.9%を占め、現在インターンシップを実施していない企業も、約半数はインターンシップの実施に前向きであることがわかった。

関連URL

学情

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス