1. トップ
  2. データ・資料
  3. 教育テクノロジーの世界市場、2027年まで年19.9%で成長見込み =Report Ocean発表=

2022年1月14日

教育テクノロジーの世界市場、2027年まで年19.9%で成長見込み =Report Ocean発表=

Report Oceanは、「世界の教育テクノロジー市場は、2020~2027年の予測期間に19.9%以上の健全な成長率で成長する見込み」という内容のレポートを、1月11日付で発表した。

同レポートによると、世界の教育テクノロジー市場は、2020年に約894億9000万米ドルになり、予測期間2020~2027年には19.9%以上の健全な成長率で成長すると予測。

教育テクノロジーは、オンライン学習の1種で、ビデオ講義、電子教科書、音声形式、アニメーション動画のいずれかを通じてデジタル形式でどこからでもアクセスでき、学生にインタラクティブな方法で学習させることができる。

モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、拡張現実(AR)、バーチャルリアリティなど、教育分野の技術進歩は、同市場の成長に貢献。教育技術市場の主なドライバーは、世界中のトップ大学のオンラインコースの増加。

例えば、2020年に浙江大学は「DingTalk ZJU」を使って5000以上のコースをオンラインで開始。2020年、EdXはMicroBachelorsプログラムという、実際の大学の単位も取得でき、就職に有利なコースとなる一連の学部向けオンラインコースを開始した。

2021年4月には、O.P. Jindal Global UniversityがCourseraと協力して、ビジネス、公共政策、国際関係の3つの新しいオンライン修士号プログラムを導入。さらに、各国政府が教育技術の発展のために開始した様々なイニシアチブが、同市場の成長に寄与している。

例えば、2017年にインド政府は、ビデオ講義を通じて大規模なオープンオンラインコース(MOOC)を開発&提供する「Study Webs of Active Learning for Young Aspiring Minds」(SWAYAM)イニシアチブを開始した。

だが、学生の個人情報を妨げる柔軟なデータプライバシー規則や、発展途上国のデジタルインフラ不足が、2020~2027年の予測期間の同市場の成長を阻害している。

また、学生の個人情報を保護するための当局による厳しい規制や、日常生活への技術の統合で、教育技術の採用&需要は増加すると思われる。

世界の同市場の地域別分析は、アジア太平洋、北米、ヨーロッパ、中南米、その他の地域の中で、北米が市場シェアの上位を占めている。

これは、トップレベルの教育大学の設立や企業のスキル開発コースの需要が、確立されたIoTインフラと相まって、市場シェアの高い地域となっている。

一方、アジア太平洋地域は、2020~2027年の予測期間で、最も高い成長率を示すと予測されている。若い人口の多さ、EdTech企業による投資、手頃な価格のブロードバンド接続などの要因が、アジア太平洋地域の同市場に有利な成長見通しを生み出すと思われる。

関連URL

無料サンプルページ(英文)

Report Ocean

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • GIGAスクールで育む創造性 Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス