1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 専修大、スマホでアクティブ・ラーニングを可能にする「respon」導入

2017年5月18日

専修大、スマホでアクティブ・ラーニングを可能にする「respon」導入

朝日ネットは17日、アクティブ・ラーニング形式の授業を容易に実現できる多人数型オンラインアンケートアプリ「respon(レスポン)」を専修大学が導入したと発表した。

_prw_PI2im_R9FDO239「respon」は、同校のような数万人単位の大規模校を含む30の大学がすでに活用。専用のデバイスや機材を購入することなく、学生が自分のスマートフォンに無料アプリをダウンロードするだけで使えるコミュニケーションツール。

教員が授業中に発する質問に対して、学生はスマートフォンを使って回答を選択したり、自分の意見を入力したりして送信することで、その集計結果が即座にグラフ化され、教室内の全学生がリアルタイムに回答結果や他学生の意見などを手元のスマホで閲覧することができる。

専修大学では、かねてより、一方向の講義形式から、学生も積極的に授業に参加するアクティブ・ラーニングへの転換を推進しており、そのための校舎を建設し、必要となるシステムの導入を検討してきた。

専用デバイスが多量に必要なクリッカーや、大規模な投資となる教室へのカードリーダーシステムと比べて、低コストかつ準備期間が短く、しかも、LMSとは別に、単体での運用も可能な「respon」 に教育関連の展示会で出会い導入を決めたという。

「respon」を活用した実際の授業の例として、最初にクイズに答えてもらい、そこで興味を惹きつけて授業の中身へ誘導していくという利用が挙げられる。

この時、学生が問題の回答を「respon」で送信すること自体が出席確認を兼ねるので、これまでのように、出席カードを配って、記入させて、回収するという無駄な時間と手間が不要となり、90分間の授業時間を最大限に活用できるというメリットも生まれるという。

関連URL

respon(学校・教育機関向け)

respon(企業・一般向け)

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
EDIX関西2018 出展社特集 公開中・募集中
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス