1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 教育機関向け「respon」が富士通の文教ソリューション「CoursePower」と連携

2019年4月17日

教育機関向け「respon」が富士通の文教ソリューション「CoursePower」と連携

レスポンは16日、同社の提供する教育機関向けリアルタイムアンケートシステム「respon」が、富士通の「FUJITSU文教ソリューションUnified-One学修支援CoursePower V2」とシステム連携することを発表した。新サービスは10月にリリースを予定している。

0417-rsp「respon」は、教室内での教員と学生との双方向コミュニケーションを実現するためのツールとして開発された。学生は専用のスマホアプリを使って、教員が作成したアンケートに回答。アンケートの集計結果は即座に教室のプロジェクタに投影したり、各学生のスマホで閲覧したり、学生同士で相互評価したりすることができる。アクティブラーニングを実現するツールとして、また、教室内での出席確認のツールとして注目されている。

今回、富士通のLMS(Learning Management System)「CoursePower」とシステム連携を行うことにより、同じアカウントで双方のシステムを利用したり、ユーザや授業情報を共有したり、「respon」のアンケートの集計結果を「CoursePower」などのLMSに取り込んだりすることが可能となり、「respon」とLMSを併用することで、授業前、授業中、授業後のすべての学習をサポートできるようになるとしている。

レスポンは他社サービスとの連携強化を計画しており、今回の富士通の「CoursePower」との連携が教育機関向けの第1弾の提携となる。

関連URL

レスポン

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス