1. トップ
  2. データ・資料
  3. サイバー脅威のデータ分析した「ウェブルート脅威レポート2019」を発表

2019年4月17日

サイバー脅威のデータ分析した「ウェブルート脅威レポート2019」を発表

ウェブルートは16日、同社の脅威研究チームが2018年1年間のサイバー脅威のデータを分析した「ウェブルート脅威レポート2019」を発表した。

0417-wrレポートは、同社のクラウドベース機械学習アーキテクチャであるWebroot脅威インテリジェンスプラットフォームで取得・分析した結果をまとめたもので、それによると、悪意あるURLの40%が安全なドメインから検出された。また、企業デバイスのウイルス感染率が32%であるのに対し、家庭用デバイスの感染率は68%と2倍以上であった。

フィッシング攻撃が36%増加、フィッシングサイトの数が220%増加した。フィッシング攻撃の77%が金融機関になりすまし、HTTPSを利用して訪問者に安全で正当なページだと信じ込ませる傾向が見られた。また、フィッシング全体で偽装された企業の第1位はGoogleであった。

さらに、感染したデバイスの半数以上(53%)が1年以内に再感染していたことが判明したほか、マルウェアの3分の1近くが%appdata%フォルダへの潜伏を画策していたことが分かった。

同社が観測したクリプトジャッキングのURL数は、9月から12月にかけて昨年の前半の倍以上に増加した。クリプトジャッキングは、サイバー犯罪者が身代金の支払いを待つ必要がなく、ランサムウェア攻撃よりも利益が高いためと思われる。

一方、昨年はランサムウェアの脅威は減少、今年もさらに減少していくと予想されるものの、マルウェア作成者は標的型攻撃にシフトし、多くの企業は引き続きランサムウェアの被害を受けることになると見られる。

関連URL

レポートの詳細

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス