1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アウトソーシングテクノロジー、インシデント対応自動化製品「JATP」を販売

2019年4月17日

アウトソーシングテクノロジー、インシデント対応自動化製品「JATP」を販売

アウトソーシングテクノロジーは16日、ジュニパーネットワークスとパートナー契約を締結し、「JATP(Juniper Advanced Threat Prevention Appliance)」(ジュニパー アドバンスド トリート プレベンション)の販売を開始した。

0417-ostJATPは、高度な機械学習と動作分析テクノロジーで、既知および未知の脅威をほぼリアルタイムで識別するセキュリティソリューション。

Web、Eメール、エンドポイント間の通信など、マルウェアが拡散する各段階で脅威を検知し、その進行状況とリスクレベルを継続的に分析する。

さらに、他社のセキュリティ製品とも連携し、インシデント対応業務を自動化することによるコスト削減もできる。

今回のJATP取り扱い開始で、「発生するアラートが多すぎて対応しきれない」「脅威の特定と判断に時間がかかる」といった、インシデント対応を行うにあたって課題となる問題点を解決し、セキュリティ対策を行う上でのベストプラクティスを提供する。

関連URL

JATP

アウトソーシングテクノロジー

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス