1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 子育てITを表彰する「ベビーテック アワード ジャパン2019」エントリー受付中

2019年4月17日

子育てITを表彰する「ベビーテック アワード ジャパン2019」エントリー受付中

ベビーテック専門メディア「BabyTech.jp」を運営するパパスマイルは、 国産ベビーテック商品、 ベビーテックサービスを表彰する国内初のイベント「BabyTech Award Japan 2019」を開催、商品エントリーを受け付けている。

0417-bt対象となるのは、育児系アプリ、乳児向けIoTデバイス、子育て世代向けWebサービス等を展開している企業・団体様等。応募申込、審査、表彰、賞マークの利用等すべて費用はかからない。

ベビーテックとは、IoT・ICT技術で育児をより安全安心、効率化をもたらす商品・サービスのこと。同社では、育児向けのICTサービスや商品を開発・提供している団体・企業、 それを利用する保護者、保育者、保育事業者をはじめ、育児をとりまく全ての人々にベビーテックを認知してもらうため、このイベントを開催。ベビーテックの普及により、見守る者の精神的肉体的負担減、人とシステムによる安全安心のさらなる担保、手をかけるべきところにより手をかけられる環境化をすすめ、子供たちによりよい環境で成長してもらいたいと考えているという。

関連URL

「BabyTech Award Japan 2019」の詳細・エントリー

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス