1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ウェブルート、「最も危険なマルウェア2018」を発表

2018年11月30日

ウェブルート、「最も危険なマルウェア2018」を発表

ウェブルートは29日、企業団体・一般ユーザーのいずれにも有害となるマルウェアや攻撃
性のある不正コードを紹介する最新版レポート「最も危険なマルウェア2018」を発表した。

それによると、ボットネットとバンキング型トロイの木馬は今年最もよく見られたマルウェア。中でもEmotetはこれまでで最も流行した悪質なマルウェアだとされる。

Emotetは、スパムボットネット内にゾンビの数を増やし、クレデンシャル情報の収集を集中して行う。また、Emotetと類似する攻撃プランを持つTrickbotや、Trickbotに類似した機能を持つZeus Pandaも見られた。

また、今年は犯罪者たちの攻撃手段がクリプトマイニングやクラプトジャッキングへ急激に移行しており、クリプトマイニング&クリプトジャッキング型の3大マルウェアとして、GhostMiner、WannaMine、Coinhiveが挙げられる。

さらに、クリプトマイニングの急速な増加により今年の脅威リストのトップには及ばなかったものの、サイバー犯罪者にとって、よりターゲットを絞ったビジネスモデルとなりつつあるランサムウェアとして、Crysis/Dharma、GandCrab、SamSamなどが見られたという。

関連URL

ウェブルート

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
チャーピーと自宅で毎日英会話! English Every Day! Charpy
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 大型提示装置の活用が“ぐん”と広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス