1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ウェブルート「2019年脅威動向予測」を発表

2018年12月17日

ウェブルート「2019年脅威動向予測」を発表

ウェブルートは14日、「2019年セキュリティ脅威動向予測」を発表した。

それによると、スマートフォン利用時やさまざまなサービスなどの生体認証システムの導入・利用が、2019年にはさらに増加すると見られる。また、消費者向けIoT機器/接続デバイスの認証団体の発足が考えられ、スマート製品メーカーに「セキュリティ・バイ・デザイン」という概念が義務づけられると見られる。

日本国内では携帯キャリア大手3社が利用料金の値下げを発表しており、今後通信料の値下げにより新規契約台数が増えると考えられる。また、ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピック、大阪万博が開催されるため、無料Wi-Fiの需要が増加すると見られ、利用者情報を守る安全な無料Wi-Fiが求められる。

さらに、サイバー攻撃はより高い精度でターゲティングされる可能性がある。Dridexグループの事例のように、標的を絞った計画的なサイバー攻撃が今後も発生すると考えられている。また、クリプトジャッキング (仮想通貨採掘) とランサムウェア間の割合は、ピットコインなどで知られる仮想通貨の価格により変動が予測されるが、クリプトジャッキングの収益モデルは今後も継続されると思われる。

過去10年間でサイバー攻撃の金銭的コスト、物理的コストが劇的に高まっているため、ゼロデイ攻撃や個人情報の搾取は減少する一方、国家レベルの個人情報・機密情報の価値は下がることなく高いままであり、今後もターゲットにされることは間違いないと思われる。

一般的なランサムウェアの流行は減少傾向にあり、エンドポイント対策の向上により、疑わしいランサムウェアの動きからデバイスを保護する体制が整いつつある。そのため、さらに標的を絞った攻撃や、より巧妙なクリプトジャッキングなどへと切り替わっていくと考えられる。

関連URL

ウェブルート

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
熊本市 教員研修スタート NTT DOCOMO
SC C&S 未来を切り開く 教育ICT
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売出張講座・共催 ユーバー株式会社
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • ICT導入&活用公開セミナー 全国各地で開催中 すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス