1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 東京工科大の学生が心理ケアゲームの改善案をHIKARI Labに提案

2017年5月30日

東京工科大の学生が心理ケアゲームの改善案をHIKARI Labに提案

東京工科大学メディア学部ゲームデザイン演習を履修している学生たちが28日、HIKARI Labを訪問し、同社が提供する「認知行動療法を学ぶ心理ケアゲームSPARX」について提案を行った。

東京工科大学のみなさん

東京工科大学のみなさん

同企画は、東京工科大学の岸本好弘特任准教授の指導のもと「SPARXがどのようにしたらもっと売れるかについて考える」というテーマで、授業の一環として実施されたもので、学生らは全員2017年4月にSPARXの改善案を授業で発表し、選抜された5名がHIKARI Labオフィスで具体的な提案を行った。

その結果、ゲームとして最初に修正すべきだと考えられた「称賛演出の強化」を提案した宇於崎真さんが優勝。今後HIKARI Labでは、今回のアイデアをSPARXの改善に活かしていく予定となっている。

関連URL

SPARXダウンロード iPhone/iPad

SPARXダウンロード Android

HIKARI Labのカウンセリングサービス

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス