1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネット「SDGsビジネスアワード2017:スケールアウト賞」受賞

2017年5月30日

すららネット「SDGsビジネスアワード2017:スケールアウト賞」受賞

すららネットは29日、5月26日に開催されたBoP Global Network Japan主催、金沢工業大学平本研究室共催の「SDGsビジネスアワード2017」で「スケールアウト賞」を受賞したと発表した。

d3287-157-311367-0「SDGsビジネスアワード」は、国連に加盟する193カ国が達成を目指すSDGs(持続可能な開発目標)に貢献する取り組みで、日本企業のSDGsビジネスを国内外に広く伝えることを目的に設立された。

「SDGsビジネスアワード」では、「エンゲージメント」(社会課題の解決に関心のない人をどれだけひきつけたか)、「エコシステム」(どれだけ複数の企業をまきこんだか)、「スケールアウト」(どれだけ成功モデルを再現し展開できたか)、「クロスボーダー」(途上国と先進国双方の課題解決に貢献したか)、「社会インパクト」、「財務インパクト」の6つの共通の視点で審査が行われる。

「スケールアウト」の視点で高い評価を得たのは、すららネットが企画・開発した、海外用の小学生向け算数クラウド型学習システム「Surala Ninja!」。

「Surala Ninja!」は、世界に通用する日本の忍者というキャラクターを使うことで、海外の子どもたちも親近感をもって楽しく学べること、また、eラーニングとすることで、いつでも、どこでも、誰でも、低価格で品質の高い教育が受けられること、現地の女性をファシリテーター(講師)として積極的に採用することで雇用機会を創出している点などが評価されたという。

すららネットは、JICA 中小企業海外展開支援事業の採択を受け、スリランカで現地におけるe ラーニングビジネスの展開の可能性の高さを確認し「Surala JUKU」を事業化。「Surala Ninja!」で、教師のレベルに左右されず算数教育を低所得者層の子どもを中心に低価格で提供している。

関連URL

すららネット

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス