1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネット、インドネシア国立教育大学と業務提携契約を締結

2019年7月31日

すららネット、インドネシア国立教育大学と業務提携契約を締結

すららネットは30日、海外小学生向け算数 e-ラーニングシステム「Surala Ninja!」の学術研究や、eラーニングシステムの共同開発に関して、インドネシア国立教育大学(Indonesia University of Education:UPI)と業務提携契約を締結した、と発表した。

インドネシア教育大学(UPI)との調印式の様子

インドネシア教育大学(UPI)との調印式の様子

「Surala Ninja!」は、「すらら」の海外版として小学生向けに開発されたeラーニングシステム。インタラクティブなアニメーションを通じて、加減乗除の四則計算を学べる。

現在、スリランカ向けのシンハラ語版、インドネシア向けのインドネシア語版、また、主にインドで活用されている英語版がある。

同社は2015年4月、インドネシア共和国で「産学連携によるeラーニングを活用した子どもたちの学力達成度強化事業」を、UPIで開始。

翌2016年2月には、インドネシア教育大学付属小学校の一つ、SD Laboratorium Percontohan UPI (通称ブミ校)で、また同8月にはSD Laboratorium UPI Kampus Cibiru (通称チビル校)で、それぞれ小学1~6年生の計約1100人がトライアル授業を開始した。

今回の業務提携契約は、2015年から行ってきた事業の実績を受け、これまで以上に連携を深めるために締結したもの。

「Surala Ninja!」の成果や学習ログに関する共同研究、運営ノウハウなどの共同開発、UPIによる「Surala Ninja!」のインドネシア国内におけるマーケティング活動の支援、セミナーやワークショップの共同開催など、インドネシアにおける教育活動を推進していく。

関連URL

すららネット

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 札幌新陽高校 すらら×探求学習
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス