1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. すららネット、インドネシアの公立中学校に数学分野のeラーニング教材提供

2022年3月28日

すららネット、インドネシアの公立中学校に数学分野のeラーニング教材提供

すららネットは25日、アジア開発銀行研究所(ADBI)が外部機関と共に実施している「パイロットプロジェクト」に参画し、インドネシアの公立中学校に、同社の海外向け算数・数学のアダプティブeラーニング教材「Surala Ninja!」を提供すると発表した。

インドネシアの私立小学校における「Surala Ninja!」を使った授業の様子

同社は、2015年からインドネシアで四則演算を学べるeラーニング「Surala Ninja!」を提供しており、現地の小学校の算数の授業で活用されている。

2022年には、小学校高学年から中学校範囲へとコンテンツを拡充。今回、ADBIの同プロジェクトでは初の中学校への本格導入となる。

ADBIは、東京に本部を置くアジア開発銀行のシンクタンクとして、アジア太平洋地域で持続可能な開発を推進するための政策研究と人材育成を実施。

数学能力の醸成に課題のあるインドネシアで、個々の生徒の能力に合わせて個別最適な学習を提供できるアダプティブラーニングのテクノロジーを活用して、学力格差を是正するための研究プロジェクトを行っている。

今回のプロジェクトでは、3月に生徒の学力を評価するなどのプレパイロット事業を行い、今夏から1年間のパイロット活動を行う計画。ADBIや他のパートナー機関と連携して、デジタル教育の経験が少ない公立学校で、適切に教材が活用され、学習効果が最大化できるよう活動していく。

「Surala Ninja!」は、海外版として小学生向けに開発された、インタラクティブなアニメーションを通じて加減乗除の四則計算を楽しく学べる e ラーニングシステム。現在、スリランカ向けのシンハラ語版、インドネシア向けのインドネシア語版、また、主にインドやフィリピンで活用されている英語版がある。

関連URL

すららネット「海外事業」

すららネット

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス