1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. B-EN-G、熟練技術者のノウハウを活かしたVR学習システムの提供開始

2017年7月25日

B-EN-G、熟練技術者のノウハウを活かしたVR学習システムの提供開始

東洋ビジネスエンジニアリング (B-EN-G) は、視線追跡機能付きヘッドマウントディスプレイ (HMD) と360度 (全方位) カメラを使った仮想現実 (VR) 学習システム「mcframe MOTION VR-learning」を、25日から提供開始する。

MOTION VR-learningは、設備の稼動状況や計器のチェックといった固定ポイントでの確認作業を学習するためのシステム。仮想空間上の教材は、仮想空間のもととなる情報を作成するための360度カメラと、仮想空間を映し出すためのHMDを使って、ユーザー自身が簡単に作成できる。学習者は、熟練技術者のノウハウが詰め込まれた教材を再生、演習、確認しながら学習を進めることができるほか、教育担当者は、学習者の視線の動きを、その順番や所要時間の情報をもとに熟練技術者の手本と比較することで、学習成果を評価することが可能。

同システムは視線の動きを見える化できるので、必要な個所を正しく見る作業の学習に利用できる。また、熟練技術者の視線を見える化し、視線を形式知化することで技術伝承にも役立ち、工場、発電所、建設現場での点検作業や航空機、鉄道での安全確認、医療、災害救助での適切な判断などの学習に活用が期待される。

教材作成には同システムのインストールされたPCとHMD、360度カメラが、また学習時には、同システムのインストールされたPCとHMDが必要となる。それらのハードウェア、ソフトウェア、教材データがあれば学習場所に制限はない。 MOTION VR-learning標準価格は1インストール100万円 (税別) から。PC、HMD、360度カメラは含まれない。

関連URL

mcframe MOTION VR-learning

新高3生対象 合格への戦略 Benesse 進研模試の成績と連動! 1.11から申込みスタート
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の塾の新規開校事例はこちら すらら
  • 英語の4技能を徹底支援 語学学修ソリューション CALL+MALL
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録