1. トップ
  2. ツール・教材
  3. AI英語学習アプリ「TerraTalk」と英語プログラム「TORAIZ」が協業

2017年7月31日

AI英語学習アプリ「TerraTalk」と英語プログラム「TORAIZ」が協業

人工知能技術を活用した英語学習アプリ「TerraTalk」を手掛けるジョイズと、1年で英語をマスターできる”One Year English”プログラム「TORAIZ」を展開するトライオンは31日、「TORAIZ」の学習効果をさらに高める「TORAIZ」受講生専用コースと、英語学習の進捗度合いを様々な側面から総合的に評価する解析エンジンの開発を目的とした協業を開始した。

この協業にともない、両者の知見を活かした次世代の英語学習プログラムを「TORAIZ」の受講生に実験的に提供する。

共同開発予定の「TORAIZ 専用コンテンツ」のイメージ

共同開発予定の「TORAIZ 専用コンテンツ」のイメージ

今回の協業では、ジョイズの AI 英会話アプリ「TerraTalk」で培った自然言語処理・人工知能技術と、トライオンの「TORAIZ」の運営で培った知見を活用し、英語学習者の成果を出すことを最優先とした、英語学習プログラムの開発を進める。新たに開発された「TORAIZ」受講生専用コースでは、「TerraTalk」に「TORAIZ」のパーソナルトレーニングで厳選されたフレーズ 50 を導入。

ジョイズが独自に開発した AI ベースの解析エンジンにより、英語学習者は自身の現在の英語力、特に重点的に磨くべきスキルが総合的にわかるようになるだけでなく、集中的な学習効果をモニタリングすることが可能になる。

そうした点を活かしながら、「TORAIZ」のイングリッシュ・コンサルタントによる効果的な指導へも活用。AI と人間が協働することで、生徒一人ひとりの学習ポテンシャルを最大限に引き出すという。

将来的には、学習ログと評価データを組み合わせた学習プランの最適化にも取り組む予定。

関連URL

TerraTalk

トライオン

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • vmware GIGAスクール構想 文科省標準仕様に対応した MDM
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス