1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. IDひとつで利用できる「Classiプラットフォーム」来春から提供開始

2017年8月28日

IDひとつで利用できる「Classiプラットフォーム」来春から提供開始

Classiは25日、同社が提供する学習支援クラウドサービス「Classi」において、Classi IDひとつでさまざまな教育サービスを利用可能にする「Classiプラットフォーム」を2018年4月から提供開始すると発表した。

これにより、全国2000校77万人以上のClassiユーザーが、ひとつのClassi IDでパートナー企業の教育サービスを簡単に利用できるようになる。

0828-cl
「Classiプラットフォーム」では、Open ID Connectの企画に対応したID連携で、Classiユーザーがパートナー各社の教育サービスを簡単に利用できる仕組みを提供する。先生や生徒はClassiにログインし、Classiトップページのリンクからパートナーのサービスに移動することで、新たなIDやパスワードを作成することなくサービスを利用することができる。

また、IDの連携だけでなく、同意の上でClassiに登録された生徒のユーザー情報・グループ情報をパートナーのサービスでも参照できる。これにより、クラスなどの生徒情報を再度登録することなく、パートナーのサービスでも課題の出題や学習の管理が簡単に行えるようになる。

今回、同社は先行して5社と提携し、英語4技能については、約1万4000本の動画教材で学べる「EnglishCentral」、CNNのニュースで最新の話題や言葉を生の英語で学べる「CNN ENGLISH EXPRESS」、アクティブ・ラーニングやPBL (Project Based Learning) に活用できる協働学習ツール「schoolTakt (スクールタクト)」、プログラミングを環境構築なしで学べる「Monaca (モナカ)」、部活コーチングのための映像編集・コミュニケーションツール「SPLYZA Teams (スプライザ・チームズ)」などのサービスを、Classi IDひとつで利用可能にする。

「Classiプラットフォーム」では、今後も提携するパートナーを順次増やしていくとしている。

関連URL

Classi

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス