1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 【本のプレゼント】先生のための小学校プログラミング教育がよくわかる本

2017年8月30日

【本のプレゼント】先生のための小学校プログラミング教育がよくわかる本

プレゼントの応募は締め切りました。
翔泳社の提供で、みんなのコードが監修した『先生のための小学校プログラミング教育がよくわかる本』を読者3名にプレゼントします。

応募方法

応募資格:ICT教育ニュースのメールマガジン登録者ならだれでも可
応募方法:メールのタイトルに「先生のための小学校プログラミング教育」と記入して、メールマガジンに登録しているメールアドレスから下記メールアドレスに送付する。
*応募メールに、住所や電話番号は記入しないでください。
送付先メールアドレス: present@ict-enews.net
応募締切:2017年9月6日23時59分
当選発表:当選者の応募メールアドレス宛に当選の連絡をする。

メルマガ未登録の方は、まずこちらで登録を。
□メールマガジン登録

書籍の紹介

Amazonの解説

『先生のための小学校プログラミング教育がよくわかる本』は、小学校でプログラミング教育を実践するために必要なことを分かりやすく解説。すでにプログラミング学習を始めている小学校での授業事例や推進・実践のコツを紹介している。

どうして、いま何のためのプログラミング必修化なのか?、そもそもプログラミングとは何か、何を教えればよいのか?、政府や文部科学省が提示する方針や目指すもの、小学校ですでに始まっているプログラミング学習の事例、授業や指導案への落とし込みや評価軸などの不安や悩みを解消してくれる内容。

プログラミングを知らない・分からない小学校の教師はもちろん、初等プログラミング教育に関心のある教育者、教師を目指す学生、どのような教育が行われるか知りたい保護者におすすめだという。

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス