1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 【本のプレゼント】「親子で一緒につくろう!micro:bitゲームプログラミング」

2019年1月31日

【本のプレゼント】「親子で一緒につくろう!micro:bitゲームプログラミング」

プレゼントの応募は締め切りました。
翔泳社の提供で、書籍「親子で一緒につくろう!micro:bitゲームプログラミング」を読者3名にプレゼントします。

応募方法

応募資格:ICT教育ニュースのメールマガジン登録者ならだれでも可
応募方法:メールのタイトルに「親子で一緒につくろう」と記入して、メールマガジンに登録しているメールアドレスから下記メールアドレスに送付する。
*応募メールに、住所や電話番号は記入しないでください。
送付先メールアドレス: present@ict-enews.net
応募締切:2019年2月5日23時59分
当選発表:当選者の応募メールアドレス宛に当選の連絡をする。

メルマガ未登録の方は、まずこちらで登録を。
□メールマガジン登録

書籍の紹介

Amazonの解説

「親子で一緒につくろう!micro:bitゲームプログラミング」は、人気の教育用コンピューター「micro:bit」を使った、シューティングゲームやミニアクションゲーム、リズムゲームなど5つのゲームの作り方を紹介する。楽しみながら、プログラミングの基本知識やmicro:bitの操作を学ぶ事ができるという。対象年齢は、小学校5年生以上。価格は1800円(税別)。

micro:bitはイギリスの国営放送局BBCが教育目的で開発した、プログラミング可能な小さなコンピューター。手頃な価格と使い易いデザイン、充実の機能で、日本でも人気を集めている。micro:bitは、電子工作に使われることが多いが、本書は、電子部品や特別な道具の用意は必要なく、micro:bitが1つあるだけで気軽に始めることができる。

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス