1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 1人で参加できる「ヒト型レスキューロボットコンテスト」11月開催

2017年9月1日

1人で参加できる「ヒト型レスキューロボットコンテスト」11月開催

大阪電気通信大学総合情報学部情報学科の升谷保博教授が委員長を務める「ヒト型レスキューロボットコンテスト実行委員会」は、「OECU杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト 2017」を、11月5日に大阪電気通信大学駅前キャンパスで開催する。

0901-oo「ヒト型レスキューロボットコンテスト」とは、2000年から毎年開催されている「レスキューロボットコンテスト」の新たな展開を目指し、ヒト型ロボット1台と操縦者1名で参加できるロボット競技。手軽に出られるコンテストをコンセプトとしている。

競技ではヒト型ロボットを遠隔操縦して、約4m×2mのフィールド内で「トンネルくぐり」「段差乗り越え」「ガレキ除去」「要救助者搬送」の4つのタスクを順にクリアする。要救助者を「やさしく」救助することを重視しており、かかった時間の短さを競うだけでなく、各タスクに対する審査員による評価も重視される。

ロボット競技を通じてものづくりの楽しさを伝えるとともに、防災や減災の大切さや難しさを考える機会を提供するという「レスキューロボットコンテスト」の考えを受け継ぎ、本コンテストも、さらに多くの人々に輪を広げることを目的としている。

開催概要

開催日時:2017年11月5日(日)10:00~17:30
開催場所:大阪電気通信大学 駅前キャンパス 1階 101号室 [大阪府寝屋川市早子町12-16]
参加費:無料
申込締切:10月20日(金)

詳細・参加申込

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • クラウド授業支援 ビデオ会議機能を搭載! TeacherView
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス