1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ワコム、インクデータを活用するアプリ開発コンテスト「インカソン」開催

2017年11月6日

ワコム、インクデータを活用するアプリ開発コンテスト「インカソン」開催

ワコムは、富士通コネクテッドテクノロジーズとNTTドコモの協賛を得て、富士通製タブレット「arrows Tab F-02K」に手書き入力するインクデータ (デジタルインク) を活用するアプリの開発コンテスト「インカソン」を10日から開催する。

arrows Tab F-02K

arrows Tab F-02K

同タブレットは来年1月以降にドコモから発売予定の製品で、ワコムの「アクティブES (AES) 方式ペン入力技術」を採用し、超高精細WQXGA10.1インチディスプレイを搭載し、4096段階の筆圧を感知するデジタルペンのarrowsスマートスタイラスペンを同梱している。

このarrowsスマートスタイラスペンとさまざまなアプリケーションやサービスを使いこなすことで、料理の写真と手書きのスケッチを織り交ぜたオリジナルのレシピを作ったり、手書きの味わいと質感を生かしたグリーティングカードやプレゼンテーション資料を作成するなど、さまざまな活用ができる。

同タブレットで使えるアプリケーションのさらなる充実を図り、手書きの楽しさ、便利さを広げたいという想いから「インカソンwith docomo and Fujitsu」を開催することとなった。優秀なアプリには賞金と、完成度を高めるための開発支援金 (最高500万円) が贈られ、将来的には、Google Playや同タブレットに搭載のInk Stationというランチャー (アプリ起動用アイコン) を通して提供されることになる。

インカソンの概要

募集期間 : 11月10日 (金) ~12月15日 (金)
応募資格 : WILLのSDKを使ってデジタルインクや手書き入力を活かしたAndroid向けの新しいアプリを開発してくれる人で、企業や団体、社会人や大学生・専門学生によって構成されたチームおよび個人 (いずれも18歳以上)
審査方法 : 書類審査通過者を対象に、キックオフイベントやトレーニング (メンタリング) を実施し、開発されたアプリのプロトタイプを来年2月13日までに提出
受賞アプリ発表および表彰式 : 3月16日にイベントを開催予定

関連URL

インカソンのイベント

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
PANDUIT 最適な校内LAN整備の実現には道路が要です GIGAスクール構想対応 Cat6A ソリューション カテゴリー6A製品の詳細はこちら
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • TERRACE 導入事例をご紹介 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 簡単入力で資料請求
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス